バイナリーオプション攻略TOP バイナリーオプション攻略 時間帯別の取引戦略

バイナリーオプション攻略 時間帯別の取引戦略

バイナリーオプション、時間帯別の取引戦略と攻略法

今回実践編として、バイナリーオプションで有効となる具体的な取引例や攻略法をご紹介していきたいと思います。

時間帯別の取引戦略外国為替市場を大きくとらえると、東京、ロンドン、ニューヨークと3大市場がありますが、それぞれの市場には特有のクセがあり、その特徴を狙った取引がバイナリーオプションでは有効となります。

kawaseshijou.jpg

東京市場では、株の寄りつきとなる9時にボラティリテイが上昇する傾向にあり、日経平均は前日のNYダウに影響を受けやすいため、NYダウの終値をチェックすることで、円安円高の判断材料とすることができます。

また、仲値といわれる公示レートが決まる10時前後も活発に取引が行われるため、9時~10時の時間帯はアウトオブザマネー(チケットは安いが当たりにくい)を積極的に狙ってみるのもいいでしょう。

一方、仲値を過ぎた時間帯ではボラティリティが低下し、もみ合いとなる傾向にあり、インザマネー(チケットは高いが当たりやすい)を購入することで優位性がでます。

ロンドン市場では、欧州勢参入直後の16時から18時、NY市場は米経済指標の発表時など相場が動きやすい傾向にあるほか、トレンドが発生するとロンドンフィックス(夏時間24時、冬時間25時)まで続く傾向にあるため、高リターンになるアウトオブザマネーを狙った取引が有効と考えることもできます。

まとめてみますと、相場が静かな時間帯は手堅くインザマネーを狙い、相場が動き出す時間帯はアウトオブザマネーを狙うことが時間帯別の取引では有効ということがいえるでしょう。

ここにテキストああああああああ

あああ

自分にあった国内バイナリーオプションを比較検討しよう